3月19日(日)阪神11R、芝3000m

阪神大賞典の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 スピリッツミノル 3/15 CW 81.7 - 65.3 - 51.5 - 38.1- 12.9 一杯
2枠 2番 ウインスペクトル 3/15 美坂 56.4 - 40.9 - 26.5 - 13.0 強め
3枠 3番 シュヴァルグラン 3/15 栗坂 52.8 - 38.0 - 25.0 - 12.8 強め
4枠 4番 トーセンバジル 3/15 CW 82.6 - 65.9 - 50.6 - 37.1 - 12.0 馬也
5枠 5番 トウシンモンステラ 3/16 CW - - 56.0 - 40.0 - 12.4 仕掛
6枠 6番 レーヴミストラル 3/15 CW 80.9 - 65.1 - 50.3 - 37.4 - 11.8 一杯
7枠 7番 ワンアンドオンリー 3/15 CW 85.4 - 68.5 - 52.7 - 38.2 - 12.6 馬也
7枠 8番 タマモベストプレイ 3/16 CW 78.9 - 64.0 - 50.5 - 36.6 - 12.0 一杯
8枠 9番 サトノダイヤモンド 3/15 CW - - 52.8 - 38.5 - 12.5 仕掛
8枠 10番 マドリードカフェ 3/16 CW 79.8 - 64.0 - 50.3 - 37.4 - 11.8 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(3枠3番:シュヴァルグラン)
昨年の有馬記念から約3ヵ月の間隔を開けての出走。
完調とまではいかないまでも、中間の調整内容は非常に順調。
坂路とCWコースを併用して乗り込まれており、豊富な追いきりで仕上げられてきた。
レースでは力を発揮するタイプだけに、ここでも上位争いは必至だろう。
強い相手が1頭いるが、得意コースと距離でどこまでやれるかだろう。

【調教展望】中山11R フラワーC(G3)(2017年)

【調教展望】中山11R スプリングS(G2)(2017年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿