2月5日(日)京都11R、芝1800m

きさらぎ賞の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 サトノアーサー 2/1 CW - - 53.9 - 38.3 - 11.6 馬也
2枠 2番 マテラレックス 2/1 栗坂 50.3 - 37.5 - 25.0 - 12.5 一杯
3枠 3番 タガノアシュラ 2/1 栗坂 54.7 - 39.7 - 25.1 - 12.4 馬也
4枠 4番 ダンビュライト 2/1 栗坂 51.4 - 37.8 - 24.9 - 12.6 一杯
5枠 5番 プラチナヴォイス 2/1 栗坂 56.6 - 41.3 - 26.2 - 12.7 馬也
6枠 6番 エスピリトゥオーゾ 2/2 CW 84.1 - 68.7 - 54.3 - 40.7 - 13.0 一杯
7枠 7番 アメリカズカップ 2/1 栗坂 51.3 - 37.7 - 24.8 - 12.5 一杯
8枠 8番 スズカメジャー 2/1 栗坂 53.6 - 38.5 - 24.6 - 11.9 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:サトノアーサー)
前走の条件戦快勝から約2ヵ月の間隔を開けての出走。
中間の調整は乗り込み量が豊富で終いの反応を促す内容。
ただ、1週前にCWコースで6F80秒台の速いところを一杯にやっており、しっかりと負荷も掛けてきた。
成長度という点で見ると、昨年のサトノダイヤモンドよりも少し早く成長しているのではないだろうか。
現時点では力を出せる態勢であるかが争点で、今回も問題なく通過してくれそうだ。

【調教展望】東京11R クイーンC(G3)(2017年)

【調教展望】東京11R 東京新聞杯(G3)(2017年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿