1月29日(日)京都11R、芝1200m ハンデ戦

シルクロードSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ラインスピリット 1/25 栗坂 51.7 - 37.8 - 24.9 - 12.8 強め
2枠 2番 テイエムタイホー 1/26 CW 82.1 - 65.8 - 50.8 - 37.0 - 11.9 一杯
3枠 3番 アースソニック 1/25 栗坂 53.0 - 38.5 - 24.8 - 12.6 一杯
4枠 4番 ヒルノデイバロー 1/25 栗坂 53.2 - 38.2 - 24.1 - 11.8 一杯
4枠 5番 ソルヴェイグ 1/25 栗坂 54.1 - 38.8 - 24.5 - 11.8 強め
5枠 6番 ブラヴィッシモ 1/25 栗坂 55.6 - 40.3 - 25.9 - 12.7 馬也
5枠 7番 ダンスディレクター 1/25 栗坂 51.6 - 37.6 - 24.8 - 12.5 強め
6枠 8番 ダイシンサンダー 1/25 栗坂 51.6 - 37.6 - 24.8 - 12.5 強め
6枠 9番 セカンドテーブル 1/25 CW 81.6 - 65.1 - 50.3 - 36.8 - 11.6 一杯
7枠 10番 ネロ 1/25 栗坂 48.5 - 36.1 - 24.4 - 12.5 仕掛
7枠 11番 セイウンコウセイ 1/25 南W 66.2 - 50.4 - 37.4 - 12.3 馬也
8枠 12番 ブランボヌール 1/25 栗坂 51.0 - 37.4 - 25.0 - 12.9 一杯
8枠 13番 カオスモス 1/26 栗坂 50.0 - 37.5 - 25.6 - 13.5 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(6枠8番:ダイシンサンダー)
前走の京都金杯からローテーション。
6歳になり、昨年秋から使われ続けているがとにかく元気いっぱい。
今回も中間は坂路でみっちりと乗り込まれており、時計も速い。
今週は坂路で終い重点の内容でラスト1F12.1秒と鋭い動きを披露している。
状態面は高いレベルを維持して出走が適いそうなだけに、うまく距離短縮を活かせるかどうかだろう。


(6枠9番:セカンドテーブル)
前走から中2週のローテーション。
昨年の夏から使われ続けているが、ここ2走は非常にレベルの高いレースを披露している。
レース後も順調で、しっかりと時計を出して調整されてきた。
今週の調教ではCWコースで6F81秒台、ラスト1F11秒台と好時計の内容。
馬体重が480キロ台になって体質がしっかりしてきたという証拠だろう。
今回も良い状態を保ってレースを迎えられそうだ。


(7枠10番:ネロ)
前走の京阪杯快勝から約2ケ月の間隔を開けての出走。
外厩先での乗り込みが前提となるが、栗東で時計を出し始めてからは入念な内容。
とにかく調教では動く馬で、状態面のバロメータと言っていいだろう。
今週は坂路で1番時計の48.5秒の内容で、ラスト1Fも12秒台でまとめている。
レースでは力を発揮できる状態は整ったとみたい。
後は、ハンデとの戦いが争点だろう。

【調教展望】東京11R 東京新聞杯(G3)(2017年)

【調教展望】東京11R 根岸S(G3)(2017年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿