1月15日(日)中山11R、芝2000m

京成杯の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 サーベラージュ 1/12 南W 69.6 - 54.7 - 39.7 - 12.5 強め
2枠 2番 マイネルスフェーン 1/11 美坂 53.1 - 38.9 - 25.5 - 12.9 馬也
2枠 3番 イブキ 1/11 南W 67.1 - 51.9 - 37.9 - 11.8 馬也
3枠 4番 ポポカテペトル 1/11 CW 86.1 - 69.2 - 53.7 - 39.2 - 12.3 一杯
3枠 5番 ジュニエーブル 連闘の為中間軽め
4枠 6番 ニシノアモーレ 1/11 南W - - 53.8 - 40.0 - 13.1 強め
4枠 7番 サンティール 1/11 南W 69.6 - 54.5 - 40.8 - 13.4 馬也
5枠 8番 コマノインパルス 1/11 南W 68.9 - 53.5 - 38.9 - 12.7 仕掛
5枠 9番 アダマンティン 1/11 南W - - 53.1 - 38.1 - 12.8 馬也
6枠 10番 アダムバローズ 1/11 栗坂 54.4 - 39.2 - 24.8 - 12.4 馬也
6枠 11番 ガンサリュート 1/11 栗坂 58.6 - 43.4 - 29.1 - 14.6 馬也
7枠 12番 アサギリジョー 1/11 南W 70.2 - 54.3 - 40.3 - 13.2 馬也
7枠 13番 メリオラ 1/11 栗坂 54.4 - 39.3 - 25.6 - 13.0 一杯
8枠 14番 ベストリゾート 1/11 南W - - 54.1 - 40.2 - 12.8 強め
8枠 15番 バリングラ 1/12 美坂 55.6 - 41.5 - 27.7 - 12.8 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:マイネルスフェーン)
前走のホープフルSから中2週のローテーション。
夏の新馬戦から休みなくずっと使われて来ているが、冬場になって成績が上がってきている。
今が成長途上段階ということとこの時季がこの馬には合っているのだろう。
中間の調整も順調で今週は坂路で全体53秒台、ラスト1Fも12秒台と馬なりでまとめている。
状態面は非常に良さそうな感じを受けるだけにここが大きな試金石となりそうだ。


(6枠10番:アダムバローズ)
前走の京都2歳Sから中6週でのローテーション。
大きく負けた後になるが、しっかり間隔を取って再調整されてきた。
中間はCWコースと坂路コースで調整され、1週前にはCWコースで6F80秒台の好時計。
今週は坂路で終い重点の追い切りでラスト1F12.4秒と馬なりで鋭い動きを披露。
調教の動きがそのままレースで活かせるタイプであれば、一変があってもなんらおかしくない。
調子が良さそうなだけに注目して見たい1頭だ。


(6枠11番:ガンサリュート)
前走の未勝利戦快勝後から約3ヵ月の間隔を開けての出走。
この馬、追い切り日にCWコースと坂路で時計を出している強者だ。
まず、この時期にこのような調整ができること自体、早熟かよっぽど体質が強いかのどちらかだろう。
後者であれば当日の馬体重は当然チェックが必要で、減っていないことを願いたいところ。
時計面では多少物足りなさを感じる部分もあるが、乗り込み量が十分すぎるだけに仕上がり面に不足はない。
ラスト1Fの反応は上々で、レースでは力を出し切れる状態に仕上がったとみたい。
後はレースでどれくらいのパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみな1頭だ。

【調教展望】京都11R 日経新春杯(G2)(2017年)

【調教展望】中京11R 愛知杯(G3)(2017年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿