2016年の大一番、有馬記念を直前に迎えるにあたって、1頭の馬に焦点を当てて深く堀り下げてみたいと思う。

その馬の名前は「サトノダイヤモンド」。

今年の有馬記念はキタサンブラックとサトノダイヤモンドの2強対決のムードが漂っている。

どちらを軸にして馬券を買おうかと悩んでいる人も多いのではないだろうか。

だから、サトノダイヤモンドの方に焦点を当てて、どんな傾向が得られるかを調べてみようと思った。


サトノダイヤモンドは菊花賞を優勝して、初の古馬との対決となる。

3歳馬が通用するかどうかは、レースの展開や古馬のレベルを測る必要があるのだが、今回はここに絞ってみたいと思う。

それは、

「過去10年の菊花賞のレベルを比較して有馬記念に通用しそうかを見る」


というもの。


まずは2007年~2016年までの10年の間の菊花賞の勝馬のレベルを比較してみることにする。

ちなみに過去10年の菊花賞の勝馬たちは以下の通り

勝馬
2007年アサクサキングス
2008年オウケンブルースリ
2009年スリーロールス
2010年ビッグウィーク
2011年オルフェーヴル
2012年ゴールドシップ
2013年エピファネイア
2014年トーホウジャッカル
2015年キタサンブラック
2016年サトノダイヤモンド

比較すべき材料はTARGET frontierの補正値とする。

そうすると、順位は以下の通りとなった。

順位勝馬
1位オルフェーヴル2011年
2位エピファネイア2013年
3位サトノダイヤモンド2016年
4位トーホウジャッカル2014年
4位ゴールドシップ2012年
4位ビッグウィーク2010年
7位スリーロールス2009年
8位オウケンブルースリ2008年
8位アサクサキングス2007年
10位キタサンブラック2015年

という結果になり、サトノダイヤモンドは過去10年の菊花賞の勝馬達の中で見たら上から3番目。

そして、さらにこの勝馬達の有馬記念の出走着順を見てみたいと思う。

馬名有馬記念
着順
ペース
オルフェーヴル1着超スロー
エピファネイア不出走平均
サトノダイヤモンド
トーホウジャッカル不出走超スロー
ゴールドシップ1着平均
ビッグウィーク不出走スロー
スリーロールス競走中止平均
オウケンブルースリ不出走平均
アサクサキングス不出走平均
キタサンブラック3着スロー

過去10年で見ると、菊花賞の勝馬は4頭しか有馬記念に出走していない。

1頭は途中で競走中止になっているだけに参考外。

しかし、残りの3頭はともに好成績。

1着が2頭に3着が1頭と複勝率は100%の成績。

申し分ない成績だ。



推測するに、菊花賞馬が有馬記念に直行して出てきた場合は、中8週のローテーションが大きなプラス材料になっていると思われる。

成長期だけにレース後の疲れをしっかりと取って立て直しができることは、菊花賞の経験値を更に加算できる公算になるのだろう。

個人的には、3000mから2500mへの距離短縮も大きな好材料になると思っている。

後は、ペースをどう判断に活かしていくかというところだが、どんなペースになろうと菊花賞馬には有利だろう。

スローベースの時、ヨーイドンの競馬になったら当然斤量が2キロ軽い馬が有利になる。

平均ペースになった時はスタミナを要求されるが、菊花賞馬だけにスタミナ勝負はドンと来いと言ったところだろう。

芝の長距離だけに、ハイペースになることはおおよそ考えられない。


以上のことを要約すると、菊花賞馬にとって有馬記念はとても狙い易いレースと言えるのではないかと思う。

サトノダイヤモンドは過去10年の菊花賞勝馬の中で上から3番目であるし、馬の持っているポテンシャルは非常に高い。

それ以外のデータも後押し材料が多い。


”菊花賞馬と有馬記念”

という観点で見たら、難なくクリアだ。


後は、枠順確定後に調教をしっかりチェックしてから古馬との力関係の検討に時間を掛けてみたいと思う。

今年のジャパンカップはそれなりにレベルも高く、上位馬達はみな出走を表明しているだけに、ここが次なる鬼門だろう。


最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

【調教展望】中山10R 有馬記念(G1)(2016年)

【調教展望】阪神11R 朝日杯FS(G1)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿