11月26日(土)京都11R、芝2000m

京都2歳Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 エーティーラッセン 11/23 CW 70.2 - 54.9 - 38.7 - 12.0 馬也
2枠 2番 ダノンディスタンス 11/23 CW 83.0 - 66.8 - 52.1 - 38.4 - 11.6 一杯
3枠 3番 カデナ 11/23 栗坂 55.1 - 38.7 - 24.7 - 12.2 強め
4枠 4番 ソーグリッタリング 11/23 栗坂 52.2 - 37.4 - 24.0 - 12.1 一杯
5枠 5番 ワンダープチュック 11/23 栗坂 54.7 - 39.5 - 25.9 - 13.4 強め
6枠 6番 マイネルザウバア 11/23 南W 70.5 - 54.5 - 40.0 - 13.1 馬也
7枠 7番 アダムバローズ 11/23 栗坂 54.5 - 39.3 - 24.9 - 12.3 馬也
7枠 8番 プラチナヴォイス 11/23 CW 85.1 - 68.1 - 53.1 - 39.1 - 12.0 一杯
8枠 9番 ヴァナヘイム 11/23 栗坂 53.8 - 39.0 - 25.1 - 12.5 仕掛
8枠 10番 ベストアプローチ 11/23 CW 84.0 - 67.9 - 52.9 - 39.1 - 12.8 強め
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(8枠9番:ヴァナヘイム)
休養明けの前走から中3週のローテーション。
叩き2走目となり、レース後も順調のひと言。
中間の乗り込みも非常に入念で体の丈夫さを物語っている。
時計面も文句なく、状態面は非常に良さそうだ。
頭数も少なく、力を存分に発揮できる舞台は整ったと見たい。

【調教展望】東京11R ジャパンC(G1)(2016年)

【調教展望】京都11R マイルCS(G1)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿