10月30日(日)東京11R、芝2000m

天皇賞秋の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 エイシンヒカリ 10/26 CW 79.8 - 63.7 - 49.8 - 36.8 - 12.5 一杯
2枠 2番 クラレント 10/26 栗坂 54.1 - 39.5 - 25.5 - 12.7 一杯
2枠 3番 アンビシャス 10/26 栗坂 53.8 - 39.2 - 25.2 - 12.7 一杯
3枠 4番 サトノクラウン 10/27 南W - - 54.4 - 39.9 - 12.6 仕掛
3枠 5番 ロゴタイプ 10/26 南W 68.3 - 52.3 - 37.6 - 12.1 仕掛
4枠 6番 アドマイヤデウス 10/26 CW 84.5 - 67.7 - 52.6 - 39.0 - 11.9 強め
4枠 7番 サトノノブレス 10/26 CW - - 54.4 - 39.4 - 12.4 仕掛
5枠 8番 モーリス 10/26 南W 69.1 - 54.3 - 39.0 - 12.6 仕掛
5枠 9番 ルージュバック 10/27 南W - - 51.6 - 37.0 - 12.4 馬也
6枠 10番 カムフィー 10/26 南W 70.6 - 55.0 - 40.5 - 13.1 馬也
6枠 11番 ヒストリカル 10/26 栗坂 54.0 - 39.2 - 25.3 - 12.8 仕掛
7枠 12番 リアルスティール 10/26 栗坂 53.8 - 38.4 - 24.8 - 12.5 仕掛
7枠 13番 ヤマカツエース 10/26 栗坂 52.4 - 38.2 - 25.3 - 13.0 一杯
8枠 14番 ステファノス 10/26 CW 84.2 - 67.4 - 51.6 - 37.7 - 11.6 強め
8枠 15番 ラブリーデイ 10/26 CW - - 52.5 - 37.3 - 12.0 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(5枠9番:ルージュバック)
前走の毎日王冠快勝から中2週のローテーション。
ようやく輝きを取り戻したかのような成績。
そして、調教内容も3歳時の動けていた時を超えてきたかと思わせてくれる内容。
今週は終い重点の内容ながら併走馬をまったく相手にせず、反応の鋭さが目立っていた。
前走時でほぼ仕上がっていた感もするが、今回は完調と言っていいのではないか。
後はペースがそれなりに速いとき、しっかり脚を溜められるかどうかだろう。


(8枠15番:ラブリーデイ)
前走の京都大賞典から中2週のローテーション。
レースでは崩れることなく力を発揮できるタイプなのだろう。
休養明けの前走を叩いて、その後の調整も非常に順調な感じを受ける。
調教の時計は特段速い訳ではないが、このレースを獲りに来たと言わんばかりの負荷の掛けられ方。
馬もしっかりと応え、完調の状態でレースを迎えられるのではないか。

種牡馬一覧データをチェックするだけで的中率が10%アップ!? 産駒の芝適性、ダート適性を予想に活かそう!

【調教展望】京都11R スワンS(G2)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿