10月23日(日)京都11R、芝3000m

菊花賞の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 カフジプリンス 10/19 CW 80.0 - 64.8 - 51.2 - 38.1 - 11.7 一杯
1枠 2番 ジョルジュサンク 10/19 CW 82.9 - 66.3 - 52.3 - 39.3 - 11.9 一杯
2枠 3番 サトノダイヤモンド 10/19 CW - - 53.4 - 38.3 - 11.9 仕掛
2枠 4番 シュペルミエール 10/19 CW ⑦92.8 - 63.7 - 50.2 - 37.5 - 12.6 一杯
3枠 5番 ミライヘノツバサ 10/19 南W 67.6 - 52.2 - 38.6 - 12.8 強め
3枠 6番 ディーマジェスティ 10/19 南W 66.2 - 51.4 - 37.8 - 12.4 馬也
4枠 7番 レッドエルディスト 10/19 栗坂 52.7 - 38.6 - 25.0 - 12.4 一杯
4枠 8番 ミッキーロケット 10/19 栗坂 52.4 - 37.8 - 24.7 - 12.7 強め
5枠 9番 イモータル 10/20 CW 81.3 - 65.8 - 51.0 - 37.5 - 12.7 馬也
5枠 10番 ウムブルフ 10/20 南W - - 54.5 - 39.2 - 12.7 馬也
6枠 11番 レインボーライン 10/19 栗坂 58.2 - 41.0 - 26.1 - 12.5 馬也
6枠 12番 コスモジャーベ 10/19 南W 68.0 - 54.0 - 40.2 - 13.6 馬也
7枠 13番 エアスピネル 10/19 栗坂 51.1 - 37.4 - 24.5 - 12.3 強め
7枠 14番 アグネスフォルテ 10/20 CW 84.2 - 67.6 - 52.3 - 37.8 - 12.0 一杯
7枠 15番 サトノエトワール 10/19 CW 85.5 - 69.4 - 54.6 - 39.1 - 12.5 一杯
8枠 16番 プロディガルサン 10/19 南W 83.0 - 68.0 - 52.7 - 38.6 - 13.1 馬也
8枠 17番 ジュンヴァルカン 10/19 DP 79.9 - 63.1 - 49.1 - 36.5 - 11.2 馬也
8枠 18番 マウントロブソン 10/19 南W 68.9 - 54.1 - 39.7 - 13.2 仕掛
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:カフジプリンス)
前走は神戸新聞杯で、中3週のローテーション。
夏場から使われており、今回が明け4走目で馬体面は完調に近い状態だろう。
前走後も順調で、今週の調教では非常に良い動きを披露した。
時計も上々でラスト1F11.7秒も状態面の良さを表してると言って良いのではないか。
引き続き高い状態を維持しての出走が適いそうだ。


(2枠3番:サトノダイヤモンド)
前走の神戸新聞杯からのローテーション。
前走は勝つには勝ったが内容の評価が難しいレースだったように思える。
ただ、この馬自身休養明けよりも2走目の方が力を発揮できるタイプなのかも知れない。
前走後も調教ではしっかりと負荷を掛けられており、一週前にビシっと追われてる点に好感が持てる。
今週は終い重点の内容だが、裏を返せばしっかり仕上がった証拠。
コース、距離も不問と思われるだけに、後は不利なく力を出し切れればと言ったところか。


(7枠13番:エアスピネル)
前走の神戸新聞杯からのローテーション。
調教は動く馬で、やれば時計の出る馬。
前走後も順調で、乗り出しも早く、疲れは残ってないと見て取れる。
調教は坂路中心に時計を出されており、3週連続しっかり乗られている。
今週は51秒台の好時計で終いの動きも鋭く、完調に近い状態に仕上がったとみたい。
ただ、今までのレース振りを見る限り1600~2000mあたりがベスト距離と思われるだけに、更なる距離延長には疑問符がつく。

【調教展望】京都11R スワンS(G2)(2016年)

【調教展望】京都11R 秋華賞(G1)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿