10月10日(月)京都11R、芝2400m

京都大賞典の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 キタサンブラック 10/5 CW 82.9 - 67.1 - 52.8 - 39.0 - 12.2 馬也
2枠 2番 ファタモルガーナ 10/5 栗坂 54.9 - 41.2 - 27.7 - 14.2 一杯
3枠 3番 アドマイヤデウス 10/6 CW 80.0 - 64.1 - 49.8 - 37.0 - 12.1 一杯
4枠 4番 ラストインパクト 10/6 CW 69.4 - 53.7 - 39.5 - 12.4 馬也
5枠 5番 タマモベストプレイ 10/6 栗坂 53.9 - 39.1 - 25.3 - 12.6 一杯
6枠 6番 ヤマカツライデン 10/6 CW 81.6 - 66.8 - 52.7 - 38.8 - 12.2 馬也
7枠 7番 アクションスター 10/6 栗坂 52.4 - 38.8 - 25.7 - 13.1 強め
7枠 8番 サウンズオブアース 10/6 CW 81.8 - 66.1 - 51.0 - 37.4 - 12.3 馬也
8枠 9番 ヒットザターゲット 10/6 栗坂 53.7 - 39.3 - 25.8 - 13.0 一杯
8枠 10番 ラブリーデイ 10/6 CW - - 54.6 - 39.5 - 12.2 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(7枠8番:サウンズオブアース)
昨年と同じローテーションで、天皇賞春からの休養明け。
昨年は2着と好走しており、休養明けもこの馬にとっては別にマイナス材料ではない。
中間は坂路とCWコースで入念に乗り込まれており、全体の時計とラスト1Fの反応も上々。
初戦から力を発揮できる態勢は整ったと思われ、じっくりとレースを見守りたいところ。
この頭数なら状態の良さを存分に発揮できそうだ。


(8枠10番:ラブリーデイ)
前走の宝塚記念後の秋初戦はこの京都大賞典。
昨年の京都大賞典は圧勝しているが、超スローペースでのもの。
その後のJCや有馬記念では他の馬に割って入られているため、距離は微妙とも言える馬。
しかし、池江厩舎ならではのスパルタ調教を中間はしっかりこなしており、1週前のCWコースの調教は圧巻。
これで仕上がった感じで、今週は終い重点に反応を確かめる内容。
状態面は良さそうで、力を発揮できる状態は整ったとみたい。


 

【調教展望】京都11R 秋華賞(G1)(2016年)

【調教展望】東京11R 毎日王冠(G2)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿