9月11日(日)中山11R、芝1600m

京成杯AHの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ダイワリベラル 9/7 南W - - 53.8 - 39.5 - 12.7 強め
1枠 2番 アルマディヴァン 9/7 出走取消
2枠 3番 カフェブリリアント 9/7 南W 69.3 - 54.2 - 39.0 - 12.6 仕掛
2枠 4番 シベリアンスパーブ 9/7 南W 83.5 - 67.4 - 52.5 - 38.2 - 12.2 一杯
3枠 5番 ダノンプラチナ 9/7 南W 68.0 - 53.4 - 39.2 - 12.4 馬也
3枠 6番 クラリティスカイ 9/7 南W 68.9 - 54.0 - 39.5 - 12.7 仕掛
4枠 7番 ピークトラム 9/7 CW 68.7 - 53.1 - 38.8 - 12.3 馬也
4枠 8番 ラングレー 9/8 栗坂 52.4 - 38.2 - 24.9 - 12.4 一杯
5枠 9番 ワキノブレイブ 9/7 栗坂 56.0 - 39.8 - 25.3 - 12.4 馬也
5枠 10番 ロードクエスト 9/7 南W 68.3 - 52.2 - 38.0 - 12.8 馬也
6枠 11番 ダンスアミーガ 9/7 栗坂 54.1 - 38.9 - 25.4 - 12.7 馬也
6枠 12番 スマートオリオン 9/7 南W 69.8 - 54.3 - 41.0 - 13.3 馬也
7枠 13番 トウショウドラフタ 9/7 南W 80.1 - 64.3 - 50.1 - 37.6 - 12.8 馬也
7枠 14番 ダノンリバティ 9/7 栗坂 51.2 - 37.2 - 24.5 - 12.4 強め
8枠 15番 ペイシャフェリス 9/7 南W 65.8 - 49.9 - 37.8 - 12.6 馬也
8枠 16番 リーサルウェポン 9/7 DP 63.5 - 48.8 - 36.0 - 11.6 強め
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(7枠14番:ダノンリバティ)
前走の関屋記念から中3週のローテーション。
休養明け3走目になるが、休み明けから調教は動けており状態面の良さをずっと保っている感じ。
今週の調教でも坂路コースで全体51秒台、ラスト1F12.4秒と申し分ない動き。
前走で時計の速い芝への対応も可能であることを証明したし、後はレースで力を発揮するのみだろう。


(8枠15番:ペイシャフェリス)
前走から中1週のローテーション。
間隔は詰まっているが、元気いっぱいという感じ。
調教は元々動く馬だが、前走でようやくレースに結び付いた感がある。
今週は疲れも見せずに南Wコースで6F65秒台の好時計。
状態面は非常に良さそうだが、乗りこなすのが難しそうな馬だけに乗り代わりがどう影響するのかもしっかりチェックしておきたいところ。

【調教展望】阪神11R セントウルS(G2)(2016年)

【調教展望】札幌11R キーンランドC(G3)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿