6月12日(日)東京11R、芝1800m

エプソムCの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ラングレー 6/8 栗坂 51.6 - 37.2 - 24.4 - 12.3 強め
1枠 2番 ステラウインド 6/8 南W - - 52.9 - 39.4 - 12.3 強め
2枠 3番 マイネルホウオウ 6/8 美坂 52.3 - 38.1 - 24.9 - 12.3 一杯
2枠 4番 サトノギャラント 6/8 南W 70.1 - 54.0 - 40.1 - 12.6 強め
3枠 5番 ヒストリカル 6/8 栗坂 51.3 - 37.5 - 24.8 - 12.7 一杯
3枠 6番 アルバートドック 6/8 栗坂 53.3 - 38.8 - 25.3 - 12.9 馬也
4枠 7番 ロジチャリス 6/8 南W 83.6 - 67.6 - 52.9 - 39.6 - 12.3 馬也
4枠 8番 エキストラエンド 6/8 CW 85.0 - 68.7 - 53.5 - 38.0 - 12.2 強め
5枠 9番 アルマディヴァン 6/8 美坂 52.5 - 38.4 - 25.1 - 12.6 仕掛
5枠 10番 エックスマーク 6/8 CW 84.1 - 67.6 - 53.0 - 37.9 - 12.1 仕掛
6枠 11番 メイショウヤタロウ 6/8 CW - - 52.2 - 37.0 - 12.3 馬也
6枠 12番 レコンダイト 6/8 栗坂 51.7 - 38.3 - 25.2 - 12.7 一杯
7枠 13番 マイネルミラノ 6/8 南W 69.7 - 54.4 - 40.3 - 13.2 馬也
7枠 14番 ナカヤマナイト 6/8 美坂 54.4 - 39.2 - 25.4 - 12.7 馬也
7枠 15番 ショウナンバッハ 6/9 美坂 57.4 - 42.2 - 28.3 - 14.4 馬也
8枠 16番 フルーキー 6/8 CW 67.4 - 52.5 - 38.5 - 11.7 馬也
8枠 17番 ダービーフィズ 6/8 美坂 54.3 - 39.0 - 24.9 - 12.4 一杯
8枠 18番 ルージュバック 6/9 南W - - 51.1 - 36.9 - 12.1 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ラングレー)
前走の都大路Sから中3週のローテーション。
今年の入ってから成績が安定しているように、馬に身が入ったということだろう。
中間の調教も非常に動けており、乗り込みも入念。
今週は坂路コースで全体51.6秒、ラスト1F12.3秒と時計も速い。
格上挑戦となるが、状態面の好調さとポテンシャルからあっさり通過してもおかしくはない存在だ。


(8枠16番:フルーキー)
デビューから全20戦、大負けのない馬で非常に堅実な馬。
休養明けの前走も好走しており、仕上がりは良かったと捉えたい。
2走目となる今回、大きな上積みはないだろうが、引き続き好調さを維持してレースを迎えられそうだ。
中間の調整は入念に乗り込まれており、今週はCWコースで終い重点の調整。
ラスト1Fは12秒を割ってきており、馬なりでも上々の反応を示している。
58キロを背負う今回、ライバルは自分自身と言ったところか。


(8枠18番:ルージュバック)
前走のヴィクトリアマイルから中3週というローテーション。
疲れが心配されるところだが、中間の調整内容を見る限りは心配無用と思いたい。
今週は南Wコースで終い重点の時計ながら、ラスト1Fはこの馬らしさそのものの動き。
状態面も好調で、メンバーレベルが前走から一気に下がる今回は、死角を探す方が難しいかも。

【調教展望】阪神11R マーメイドS(G3)(2016年)

【調教展望】東京11R 安田記念(G1)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿