4月24日(日)京都11R、芝1600m

マイラーズCの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ダノンシャーク 4/20 栗坂 53.1 - 39.0 - 25.4 - 12.7 馬也
2枠 2番 クルーガー 4/20 栗坂 54.2 - 39.5 - 25.4 - 12.6 一杯
2枠 3番 テイエムイナズマ 4/20 栗坂 52.2 - 38.2 - 24.8 - 12.7 一杯
3枠 4番 クラレント 4/20 栗坂 52.1 - 38.5 - 25.5 - 12.9 馬也
3枠 5番 ケイティープライド 4/20 栗坂 54.0 - 40.2 - 27.4 - 14.4 一杯
4枠 6番 エキストラエンド 4/20 CW 85.0 - 68.8 - 53.7 - 39.5 - 11.7 強め
4枠 7番 フィエロ 4/20 CW 66.8 - 51.7 - 38.3 - 11.7 強め
5枠 8番 アルマワイオリ 4/20 CW 87.3 - 69.7 - 53.2 - 38.7 - 12.4 一杯
5枠 9番 ネオスターダム 4/20 栗坂 53.7 - 38.9 - 25.2 - 12.7 一杯
6枠 10番 マーティンボロ 4/20 栗坂 54.8 - 40.4 - 26.8 - 13.5 一杯
6枠 11番 レッドアリオン 4/20 栗坂 51.6 - 38.1 - 25.3 - 12.9 一杯
7枠 12番 アルバートドック 4/20 栗坂 53.1 - 38.9 - 26.0 - 13.4 一杯
7枠 13番 ケントオー 4/20 栗坂 54.8 - 39.3 - 25.5 - 13.0 一杯
8枠 14番 ダノンリバティ 4/20 栗坂 51.6 - 38.1 - 25.1 - 12.8 強め
8枠 15番 サンライズメジャー 4/20 栗坂 56.6 - 41.5 - 27.2 - 13.2 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ダノンシャーク)
前走からは約2カ月の間隔を開けての出走。
8歳になるが、調整内容を見る限りまだまだ元気いっぱい。
いつも調教では結構動くが、今回も違わずキッチリと動いている。
先週にCWコースで一杯にやっており、今週は坂路で馬なり調整。
力は出せる状態にはあると見ておきたい。


(4枠6番:エキストラエンド)
前走のダービー卿から中2週のローテーション。
7歳でもまだまだ元気いっぱいという感じでレース後の疲れもなさそうだ。
CWコースで本時計を出し、坂路でその他の調整という感じで乗り込みは入念。
今週は終い重点の内容ながらラスト1Fは鋭い動きを披露。
いい状態でレースを迎えられるのではないか。


(4枠7番:フィエロ)
香港遠征から約4ヵ月の間隔を開けての出走。
いつも時計になるほどの乗り込みは多くないのだが、今回は違う。
CWコースと坂路で調整されており、非常に小刻みに時計も出してきている。
初戦から完調に近い状態に思われ、レースでも力を存分に発揮できるのではないか。
今週は終い重点ながらラスト1Fは良い動きを披露していた。

【調教展望】京都11R 天皇賞春(G1)(2016年)

【調教展望】東京11R フローラS(G2)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿