春のマイルを占う重要な1戦の「ダービー卿CT(G3)」。

出走頭数が16頭のハンデ戦ということで、別定戦とはまた訳が違う。

戦前ではキャンベルジュニア、ダッシングブレイズ、サトノアラジンの3強対決という構図になっているような感じ。

個人的にもこういうハンデ戦の混戦模様のレースは荒れる要素が大きく潜んでいると思っているので、積極的に予想をしていきたいと思う。

それでは早速展開予想からしてみよう。


展開予想


まずは、ハナを切りそうなのはと出走メンバーを見渡すと、2枠4番のクラレントかなぁという感じ。

積極的にハイペースにするタイプではなく、できればペースを落として末を活かしたいタイプのように思える。

番手以降には1番キャンベルジュニア、11番サンライズメジャー、12番テイエムタイホー、14番ロゴタイプという先行勢が続くと思われ、ペースもそこまで遅くはならないだろうと想定。

よって、走破時計は1分34秒前後のややスローペースくらいと思って進めたいと思う。


状態面とポテンシャル


まずは、状態面のチェックから。

出走馬の調教内容を見渡すと、調整過程が良さそうだと思えるのは、7番メイショウヤタロウのみ。

叩き2走目で調教も軽快に動けており、2走前の小倉日経OPと同じくらいの出来にはあるのかなと思う。

8歳馬ということもあり、他の馬よりも目方1キロ軽い設定になっていると思われるのも狙い目かなと。

後の馬に関しては、乗り込み量に不足はなく、レースでは力を存分に発揮できる状態にはあるだろうと思う。

しかし、ここを目一杯に仕上げてきたなぁ、という感じは受けなかった。

そんな感じの印象だ。


続いては、ポテンシャルの面を見ていきたいと思う。

現在の成績を加味して、ポテンシャルの高いと思われる馬は、

・6番サトノアラジン
・8番エキストラエンド
・10番マジックタイム
・11番サンライズメジャー
・12番テイエムタイホー
・14番ロゴタイプ
・15番フラアンジェリコ

上記の馬達が、過去のレースでポテンシャルの高さを魅せたことのある馬達だと思う。


まとめ


上記の内容を踏まえ、後は「展開×状態×ポテンシャル」の総合力で馬券を組み立てていきたいと思う。

結果をまとめると、

・7番メイショウヤタロウ
・8番エキストラエンド
・5番ダッシングブレイズ
・6番サトノアラジン
・10番マジックタイム
・9番インパルスヒーロー
・11番サンライズメジャー
・1番キャンベルジュニア

 ・
 ・
 ・

という順番になった。

馬券は3連複の2頭軸で以下のように購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
07, 08 - 05, 06, 07, 08, 10 - 01, 05, 06, 09, 10, 11(30通り)


1列目に7番メイショウヤタロウと8番エキストラエンドの人気のない2頭を軸にしており、来ればかなり配当面は見込めると思う。

この2頭高齢馬だけに、状態面が戻り切っていることが大前提だが、ハンデ戦だけにここは大きな狙い目でもあるように思う。

このレースのハンデ設定については、眺めれば眺めるほど"絶妙"だと感じてしまう。

ゴール前は、各馬接戦の状態になっているのではないかと思う。

レースまで楽しみに待ちたいと思います。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

【予想 阪神11R 産経大阪杯】実力拮抗! 総合力で軸馬を選べ

【調教展望】阪神11R 産経大阪杯(G2)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿