3月26日(土)阪神11R、芝1800m

毎日杯の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ロワアブソリュー 3/23 栗坂 52.8 - 37.5 - 24.3 - 12.3 馬也
2枠 2番 アーバンキッド 3/23 南W 69.8 - 54.4 - 39.7 - 12.4 仕掛
3枠 3番 オウケンダイヤ 3/24 栗坂 56.6 - 40.0 - 25.7 - 12.8 馬也
4枠 4番 ディープエクシード 3/23 栗坂 52.5 - 38.3 - 25.2 - 12.9 一杯
5枠 5番 タイセイサミット 3/24 栗坂 52.2 - 38.5 - 25.2 - 12.5 馬也
6枠 6番 レインボーフラッグ 3/23 栗坂 54.9 - 40.3 - 25.4 - 11.9 一杯
7枠 7番 アイファープリティ 3/23 栗坂 52.0 - 38.8 - 26.1 - 13.3 仕掛
7枠 8番 キャノンストーム 3/24 栗坂 55.6 - 40.0 - 25.3 - 12.5 馬也
8枠 9番 トーアライジン 3/24 栗坂 57.7 - 41.7 - 26.0 - 12.7 馬也
8枠 10番 スマートオーディン 3/23 CW 80.5 - 63.7 - 49.2 - 36.7 - 12.3 仕掛
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(7枠8番:キャノンストーム)
前走からは約2カ月の間隔を開けたローテーション。
新馬戦を勝ってからは頭打ちとなっており、少し間隔を開けたことが吉と出るか。
中間の調整は乗り込み入念で、仕上がりは非常に良さそうに感じる内容。
今週は月曜日にもCWコースで終い重点の時計を出しており、本追い切りも終い重点の内容となっている。
それでもラスト1Fはしっかりと反応しており、そのリフレッシュ効果に期待したい1頭だ。


(8枠10番:スマートオーディン)
前走の共同通信杯から中5週のローテーション。
前走の敗因がはっきりとしないが、中間の調整を見る限りは調子落ちではないだろう。
むしろ逆で、先週、今週とCWコースで6F80秒台の時計を出しており、しっかりと動けている。
今週は月曜日にも坂路で時計を出しており、具合の良さを物語る。
叩き2走目で前進あるのみと捉えたいところだ。

【調教展望】中山11R 日経賞(G2)(2016年)

【データ】過去の連対馬データから、高松宮記念(G1)を占う(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿