3月21日(月)中山11R、芝1800m

フラワーカップの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ラブリーアモン 3/17 南W - - 52.3 - 37.8 - 12.7 馬也
1枠 2番 フェイズベロシティ 3/17 南芝 67.6 - 52.6 - 38.3 - 12.1 馬也
2枠 3番 ゲッカコウ 3/17 美坂 59.1 - 43.7 - 29.6 - 15.0 馬也
2枠 4番 アオイサンシャイン 3/17 南W 67.6 - 52.2 - 38.2 - 12.9 馬也
3枠 5番 ギモーヴ 3/17 CW 84.3 - 69.9 - 55.3 - 41.0 - 12.7 馬也
3枠 6番 ヴィブロス 3/17 栗坂 56.4 - 41.8 - 26.8 - 12.8 馬也
4枠 7番 ラルク 3/16 栗坂 52.6 - 38.3 - 25.0 - 12.5 強め
4枠 8番 ルフォール 3/17 南W - - 53.8 - 40.0 - 12.6 馬也
5枠 9番 エンジェルフェイス 3/17 CW 69.4 - 54.0 - 39.9 - 12.5 馬也
5枠 10番 ウインクルサルーテ 3/18 CW - - 53.8 - 39.1 - 12.7 馬也
6枠 11番 エテルナミノル 3/16 CW 83.9 - 67.7 - 52.8 - 38.8 - 12.5 仕掛
6枠 12番 ペルソナリテ 3/16 南W 70.6 - 54.6 - 39.6 - 12.4 馬也
7枠 13番 アオイプリンセス 3/16 CW 6.3 - 51.5 - 37.8 - 12.6 強め
7枠 14番 カジノクイーン 3/16 北C 68.6 - 53.9 - 40.1 - 12.9 馬也
8枠 15番 ゴッドカリビアン 3/17 栗坂 51.8 - 38.1 - 24.9 - 12.3 馬也
8枠 16番 フジマサアクトレス 3/16 南W - - 60.0 - 45.2 - 14.0 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:アオイサンシャイン)
前走は約半年振りで重馬場という条件を見事克服してみせた。
中3週のローテーションでも、中間の調整内容を見る限り、更なる上昇を思わせるような内容。
日曜と木曜に南Wコースで5F67秒台の時計をマークしており、状態面は申し分ない感じだろう。
未勝利戦から格上挑戦でも、状態面からは侮れない存在だろう。


(8枠15番:ゴッドカリビアン)
前走から約2ヵ月のローテーション。
少し間隔を開けた方がこの馬には結果が伴うのかも知れない。
中間はしっかりと乗り込まれており、今週は坂路で馬なり好時計。
動きの良さがレースでも活かせるようであれば、といったところか。
リフレッシュ効果に期待したい1頭だ。

【データ】過去の連対馬データから、高松宮記念(G1)を占う(2016年)

【調教展望】中山11R スプリングS(G2)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿