2月28日(日)中山11R、芝1800m

中山記念の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 サトノギャラント 2/25 美坂 58.4 - 42.3 - 27.5 - 13.1 馬也
2枠 2番 リアルスティール 2/24 栗坂 54.1 - 38.8 - 24.7 - 11.9 仕掛
3枠 3番 ロゴタイプ 2/24 南W 84.5 - 68.3 - 52.7 - 38.9 - 12.6 馬也
4枠 4番 マイネルラクリマ 2/24 南W 71.9 - 55.7 - 40.5 - 12.7 馬也
5枠 5番 フルーキー 2/24 CW 70.0 - 53.7 - 38.5 - 11.8 馬也
6枠 6番 イスラボニータ 2/24 南W 83.4 - 67.7 - 52.4 - 38.3 - 12.3 強め
6枠 7番 ラストインパクト 2/24 CW 69.6 - 53.3 - 38.5 - 11.8 馬也
7枠 8番 レッドレイヴン 2/24 南W 68.0 - 52.7 - 39.2 - 12.9 馬也
7枠 9番 ドゥラメンテ 2/24 南W 68.2 - 52.9 - 39.1 - 12.2 仕掛
8枠 10番 アンビシャス 2/24 栗坂 52.2 - 38.2 - 25.1 - 12.7 一杯
8枠 11番 カオスモス 2/24 栗坂 51.4 - 38.2 - 25.1 - 12.8 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(6枠6番:イスラボニータ)
マイルCS以来の出走となるが、調整面は非常に順調とみたい。
1ヵ月以上前から時計を出し始め、3週前からは軽快な動きを披露している。
美浦の南Wコースは時計を要する週が続いているが、ラスト1Fもバテることなくしっかりと動けている。
先週に6F81秒台と速いところをやっており、今週は6F83秒台の終い重点の内容。
初戦から力を出せる状態にあるだろう。

【調教展望】阪神11R チューリップ賞(G3)(2016年)

【調教展望】阪神11R 阪急杯(G3)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿