2月20日(土)東京11R、芝3400m

ダイヤモンドSの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 スピリッツミノル 2/17 CW 86.1 - 70.0 - 54.7 - 40.4 - 12.3 一杯
1枠 2番 ホッコーブレーヴ 2/17 南D 68.4 - 52.5 - 38.5 - 12.7 馬也
2枠 3番 ファタモルガーナ 2/17 栗坂 53.4 - 38.7 - 25.5 - 12.7 一杯
2枠 4番 マイネルメダリスト 2/17 南D 65.8 - 50.9 - 37.8 - 13.0 強め
3枠 5番 マドリードカフェ 2/17 栗坂 54.4 - 39.4 - 25.6 - 12.4 強め
3枠 6番 ゴッドフロアー 2/17 栗坂 56.5 - 40.8 - 26.3 - 13.1 一杯
4枠 7番 タンタアレグリア 2/17 南W 67.0 - 52.4 - 38.6 - 12.6 一杯
4枠 8番 エバーグリーン 2/17 南W 69.7 - 54.0 - 39.4 - 13.2 強め
5枠 9番 サイモントルナーレ 2/17 南D 66.8 - 52.0 - 38.3 - 12.3 馬也
5枠 10番 トゥインクル 2/17 CW 84.1 - 67.7 - 53.0 - 39.2 - 12.3 一杯
6枠 11番 モンドインテロ 2/17 南W 67.7 - 53.1 - 39.4 - 13.4 馬也
6枠 12番 ニューダイナスティ 2/17 栗坂 54.2 - 39.5 - 26.1 - 13.5 一杯
7枠 13番 ネオブラックダイヤ 2/17 南W 70.0 - 53.8 - 39.9 - 13.2 馬也
7枠 14番 ペルーサ 2/17 南W 67.9 - 52.6 - 38.6 - 12.8 強め
8枠 15番 カムフィー 2/17 南W 67.9 - 52.4 - 39.0 - 13.4 仕掛
8枠 16番 フェイムゲーム 2/17 南W 71.1 - 54.6 - 39.6 - 13.0 強め
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

長距離レースということで、調教内容では特段鋭い動きを見せている馬はいなかった。
反面、全頭しっかりと乗り込まれており、レースでは力を発揮できる状態にあると思われる。
ハンデ戦の多頭数ということもあり、その点をしっかりと考慮したいところ。

【調教展望】京都11R 京都牝馬S(G3)(2016年)

【データ】過去10年の勝馬データから、フェブラリーS(G1)を占う(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿