2月13日(土)東京11R、芝1600m

クイーンCの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ストライクショット 2/10 南W - - 55.5 - 40.2 - 13.4 馬也
1枠 2番 フロンテアクイーン 2/10 南W - - 51.0 - 36.6 - 12.5 馬也
2枠 3番 ロッテンマイヤー 2/10 栗坂 54.8 - 40.3 - 25.6 - 12.6 馬也
2枠 4番 マシェリガール 2/10 美P 66.3 - 51.5 - 37.9 - 12.1 馬也
3枠 5番 ナックビーナス 2/10 美P 66.0 - 51.2 - 38.1 - 12.1 馬也
3枠 6番 メジャーエンブレム 2/10 南W 64.7 - 49.4 - 36.5 - 12.0 仕掛
4枠 7番 ダイワドレッサー 2/10 美坂 53.8 - 39.6 - 25.8 - 12.8 馬也
4枠 8番 ペルソナリテ 2/10 南W 70.1 - 54.5 - 39.9 - 12.8 馬也
5枠 9番 シトロン 2/10 美坂 53.3 - 39.0 - 25.9 - 13.0 仕掛
5枠 10番 コパノマリーン 2/10 南W 85.0 - 69.2 - 53.5 - 39.4 - 12.6 強め
6枠 11番 ビービーバーレル 2/10 南W 67.9 - 53.5 - 39.4 - 12.8 仕掛
6枠 12番 エクラミレネール 2/10 南W 69.1 - 53.3 - 38.8 - 13.1 強め
7枠 13番 サプルマインド 2/10 栗坂 52.2 - 38.6 - 24.7 - 12.6 馬也
7枠 14番 ラブリーアモン 2/10 南W - - 52.1 - 38.1 - 12.7 馬也
8枠 15番 ソロフライト 2/10 美P - - 54.7 - 40.5 - 12.5 馬也
8枠 16番 ルフォール 2/10 南W 69.2 - 54.0 - 39.0 - 12.1 強め
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠2番:フロンテアクイーン)
寒くなってから成績が安定しているように、冬場が良い馬なのかも。
前走から中3週の競馬になるが、中間の調整は順調そのもの。
2週連続で南Wコースで4F51秒台の時計を馬なりで出している。
順調に成長している感じで、状態面も非常に良さそうに感じる。
後は相手関係がどうかだけだろう。


(3枠6番:メジャーエンブレム)
阪神JFを優勝して以来、約2カ月の間隔を開けての出走。
この馬、調教でも一生懸命で、時計面はやればやるほど出るタイプの感じを受ける。
3週前は坂路で全体54秒台、先週は南Wコースで5F66秒台。
そして、今週は南Wコースで5F64秒台の好時計。
3歳牝馬でこれだけ動ける馬自体なかなかいるものではない。
搭載されているエンジンが少し違うのかも。上位争い必至だろう。


(4枠7番:ダイワドレッサー)
前走で一変しているように、状態面に変化があったと捉えたい。
レース後も非常に順調で、2週間前から時計になるところを4本も乗られている。
これだけできる事自体、調子の良さの表れだろう。
馬なりながらラスト1Fもしっかりと反応しており、上々の動き。
前走以上の内容が期待できそうだ。


(7枠13番:サプルマインド)
前走から約2カ月の間隔を開けてのレース。
中間はしっかりと乗り込まれており、体質が強い馬なのだろう。
先週はCWコースで一杯に追われており、今週は坂路で馬なり調整。
ラスト1Fも12.6秒と軽快な動きを見せており、まだまだ底を見せていない感を受ける。
良い状態でレースでは力を発揮できるのではないか。


(8枠16番:ルフォール)
新馬戦を勝った後で約3カ月の間隔を開けての出走となる。
4週前から入念に乗り込まれており、仕上がり面には不安はなさそうだ。
今週は南Wコースで終い重点ながらラスト1Fを12.1秒と鋭い動きを披露。
相手は一気に強化されるが、未知なる能力でどこまでやれるかだろう。
リフレッシュ効果に期待したい1頭だ。

【調教展望】京都11R 京都記念(G2)(2016年)

人気が無くても好走するのは理由がある! 『距離短縮効果』『距離延長効果』を予想に活用していますか?

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿