1月17日(日)京都11R、芝2400m(ハンデ)

日経新春杯の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 レーヴミストラル 1/14 CW 87.5 - 71.0 - 55.7 - 40.5 - 11.7 一杯
2枠 2番 コスモロビン 1/13 南W - - 52.9 - 39.4 - 12.9 強め
3枠 3番 アドマイヤフライト 1/14 栗坂 61.8 - 42.3 - 25.8 - 12.1 馬也
4枠 4番 シャドウダンサー 1/14 CW 72.1 - 55.5 - 40.1 - 12.0 馬也
5枠 5番 ダービーフィズ 1/13 美坂 53.6 - 39.4 - 26.6 - 13.5 強め
5枠 6番 プロモントーリオ 1/13 美坂 57.6 - 41.6 - 26.4 - 12.3 馬也
6枠 7番 シュヴァルグラン 1/14 CW 83.2 - 68.2 - 53.9 - 39.9 - 13.5 一杯
6枠 8番 ダコール 1/14 栗坂 53.8 - 38.9 - 25.6 - 13.4 一杯
7枠 9番 ベルーフ 1/14 CW 85.9 - 69.5 - 54.2 - 39.3 - 12.9 一杯
7枠 10番 サトノノブレス 1/14 栗坂 55.7 - 40.6 - 25.8 - 12.6 仕掛
8枠 11番 メイショウウズシオ 1/13 栗坂 54.6 - 40.2 - 25.9 - 12.7 一杯
8枠 12番 メイショウカンパク 1/14 栗坂 54.9 - 39.3 - 25.7 - 12.9 仕掛
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(3枠3番:アドマイヤフライト)
昨年8月以来約5カ月振りとなるが、中間はしっかりと乗り込まれてきた。
4週連続で時計も出されており、走れる態勢は整ったと見たい。
今週は終い重点の内容ながら、坂路でラスト1F12.1秒と鋭い動きを披露。
馬格の大きい馬だけに当日の馬体重は気にしておきたい。

【調教展望】中山11R アメリカジョッキーCC(G2)(2016年)

【調教展望】中山11R 京成杯(G3)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿