1月17日(日)中山11R、芝2000m

京成杯の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 メートルダール 1/14 南W 67.7 - 52.7 - 39.2 - 13.1 馬也
2枠 2番 ウムブルフ 1/14 南W 70.5 - 54.3 - 39.6 - 13.0 馬也
2枠 3番 ケルフロイデ 1/14 南W - - 52.8 - 38.5 - 12.9 強め
3枠 4番 プロフェット 1/14 栗坂 53.9 - 40.0 - 25.2 - 12.2 一杯
3枠 5番 カミノライデン 1/13 南W 85.2 - 69.4 - 54.4 - 40.2 - 13.6 馬也
4枠 6番 ルネイション 1/14 南W - - 54.1 - 40.1 - 13.0 強め
4枠 7番 プランスシャルマン 1/14 南W 84.5 - 69.2 - 54.6 - 41.3 - 13.1 強め
5枠 8番 マイネルラフレシア 1/13 南W 68.6 - 53.2 - 38.3 - 12.8 馬也
5枠 9番 オンザロックス 1/14 栗坂 53.1 - 39.7 - 26.0 - 12.8 馬也
6枠 10番 アドマイヤモラール 1/14 南W - - 52.5 - 38.6 - 12.8 馬也
6枠 11番 アポロナイスジャブ 1/14 美坂 54.1 - 39.4 - 26.0 - 12.7 一杯
7枠 12番 ユウチェンジ 1/14 栗坂 52.7 - 39.5 - 25.6 - 12.5 馬也
7枠 13番 ダイチラディウス 1/14 南W 67.7 - 52.3 - 38.2 - 12.8 強め
8枠 14番 ブレイブスマッシュ 1/14 南W 68.4 - 53.3 - 39.5 - 12.8 馬也
8枠 15番 ナムラシングン 1/13 栗坂 55.0 - 39.5 - 25.3 - 12.2 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:メートルダール)
現在2連勝中と目下好調路線を突き進んでいる。
前走後も入念に乗り込まれており、調教内容も速い時計を出している訳ではないが申し分ない。
先週、今週と南Wコースで馬なりで併せ馬に先着しており、闘争心も失われていないだろう。
引き続き高いレベルを維持しての出走が適いそうだ。


(5枠9番:オンザロックス)
ここ2走は重賞レースに挑戦しているが、少し力の足りない印象を与えている。
しかし、前走から中2週ながら今週は坂路コースで全体53秒台を出せるまでの状態にある。
ラスト1Fも12.8秒と馬なりで上々の動きを示しており、状態面は非常に良さそうだ。
展開の紛れ等がありそうなコースだけに、軽視は早計だろう。。


(7枠12番:ユウチェンジ)
前走の朝日杯FSは4着と健闘しての中3週の競馬。
疲れを見せるどころか、先週の日曜日には坂路で49秒台の破格時計。
そして、今週の水曜日も坂路で全体52.7秒、ラスト1F12.5秒の軽快な動き。
目下絶好調といったところではないだろうか。
輸送競馬も経験しており、後はレースで力を発揮するだけだろう。

【調教展望】京都11R 日経新春杯(G2)(2016年)

【調教展望】中京11R 愛知杯(G3)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿