1月11日(月)中山11R、芝1600m

フェアリーSの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ボーアムルーズ 1/7 南W - - 53.9 - 39.0 - 12.9 強め
1枠 2番 ポロス 連闘の為中間軽め
2枠 3番 コパノマリーン 1/7 南W - - 53.1 - 39.6 - 13.1 馬也
2枠 4番 ダイワドレッサー 1/6 南W - - 55.8 - 40.8 - 13.1 馬也
3枠 5番 ダイワダッチェス 1/8 美坂 60.4 - 43.9 - 27.8 - 13.7 馬也
3枠 6番 ビービーバーレル 1/7 南W 70.6 - 55.0 - 40.5 - 12.3 仕掛
4枠 7番 ラシーム 1/7 南W - - 54.7 - 39.6 - 12.7 馬也
4枠 8番 フジマサアクトレス 1/7 南W - - 54.6 - 40.5 - 13.5 馬也
5枠 9番 レッドシルヴィ 1/6 南W - - 56.2 - 41.2 - 13.1 馬也
5枠 10番 ラブリーアモン 1/7 南W - - 54.8 - 40.8 - 13.7 馬也
6枠 11番 シーブリーズラブ 1/7 南W 68.4 - 53.6 - 39.7 - 12.5 馬也
6枠 12番 リセエンヌ 1/6 DP 66.3 - 51.1 - 37.3 - 12.7 馬也
7枠 13番 クードラパン 1/7 南W - - 55.4 - 41.6 - 12.7 馬也
7枠 14番 アルジャンテ 1/7 美坂 54.5 - 38.7 - 25.2 - 12.8 一杯
8枠 15番 ルミナスティアラ 1/7 南W - - 53.0 - 38.9 - 13.3 馬也
8枠 16番 ハマヒルガオ 1/8 南W - - 54.7 - 40.1 - 13.2 強め
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

全頭の調整過程をチェックして、特段取り上げたいと思う馬は該当しなかった。
3歳に成り立てで、まだまだ成長途上の段階の牝馬。
みっちりびっしりとやってくる馬は当然のようにいない。
レースを使われながら成長を促すのが通例なのだろう。
各馬乗り込みに不足はなく、レースでは力を発揮できる調整過程だと見ておきたい。

【調教展望】中京11R 愛知杯(G3)(2016年)

【調教展望】京都11R シンザン記念(G3)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿