1月10日(日)京都11R、芝1600m

シンザン記念の調教展望


馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 メイショウシャチ 1/6 栗坂 54.1 - 40.1 - 26.3 - 12.8 仕掛
1枠 2番 アストラエンブレム 1/6 美坂 54.9 - 40.5 - 26.5 - 13.3 馬也
2枠 3番 レオナルド 1/6 CW 72.3 - 56.1 - 41.1 - 12.3 馬也
2枠 4番 キングライオン 1/6 栗坂 54.0 - 39.6 - 26.3 - 13.1 馬也
3枠 5番 レインボーライン 1/6 栗坂 57.4 - 41.0 - 26.6 - 12.9 強め
3枠 6番 ロジクライ 1/6 栗坂 50.4 - 36.5 - 24.2 - 12.4 一杯
4枠 7番 ジュエラー 1/6 DP 66.9 - 51.9 - 38.4 - 11.4 馬也
4枠 8番 スナークスカイ 中間軽め
5枠 9番 ラルク 1/6 栗坂 56.3 - 40.0 - 25.4 - 12.5 仕掛
5枠 10番 ピースマインド 1/6 栗坂 52.3 - 38.6 - 25.1 - 12.4 一杯
6枠 11番 ファインニードル 1/7 栗坂 51.6 - 37.6 - 25.0 - 12.7 一杯
6枠 12番 ノーブルマーズ 1/6 CW 83.2 - 68.1 - 53.2 - 38.9 - 12.5 馬也
7枠 13番 クリノシャンボール 12/23 栗坂 57.2 - 42.3 - 28.2 - 14.5 馬也
7枠 14番 シゲルノコギリザメ 1/7 栗坂 51.5 - 37.9 - 25.3 - 12.8 強め
7枠 15番 ダンツエンペラー 1/6 栗坂 53.7 - 39.3 - 25.4 - 12.6 一杯
8枠 16番 ツーエムレジェンド 1/7 栗坂 54.7 - 38.9 - 24.9 - 12.4 馬也
8枠 17番 ドゥーカ 1/7 栗坂 57.4 - 41.0 - 25.9 - 12.7 強め
8枠 18番 ショウナンアヴィド 1/6 栗坂 50.5 - 36.4 - 24.1 - 12.3 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:キングライオン)
前走から中1週の競馬だが疲れは皆無とみたい。
今週は坂路コースで全体54.0秒、ラスト1F13.1秒を馬なりで計時。
これだけやれている時点で状態面に不足はないだろう。
使われつつ状態は良くなっていると捉えたい1頭。


(3枠6番:ロジクライ)
前走から中1週の競馬ながら、調教ではみっちりと好時計を出してきた。
今週の坂路コースで全体50.4秒、ラスト1F12.4秒と鋭い動きを披露。
中1週でこれだけやってくる時点で、馬の状態面の良さと陣営の気合の表れを感じる。
巻き返しに注意したい1頭だろう。


(6枠12番:ノーブルマーズ)
前走から約2カ月の間隔を開けての出走となる。
中間は坂路とCWコースで時計を出し、乗り込み量も問題ないだろう。
中間は一杯の追い切りはないが、ラスト1Fをしっかりと反応しており、力を出せる仕上がり状態にあると思われる。
新馬戦の頃よりしっかりと馬体重を増やしており、成長を感じさせる1頭。
今回は完調とまではいかないだろうが、いい状態で出走が適いそうだ。


(8枠16番:ツーエムレジェンド)
前走の朝日杯FSから中2週での参戦。
疲れも見せずにしっかりと坂路で時計を出してきた。
実質追いは3日の日曜日に坂路で52秒台の時計を出しており、今週水曜日は終い重点。
それでもラスト1F12.4秒を馬なりで計時しており、反応は上々。
使われながら状態を上げている感じで、いい状態でレースを迎えられそうだ。


(8枠18番:ショウナンアヴィド)
前走の未勝利戦では一変して快勝している。
中間は坂路中心に乗り込まれており、しっかりと時計を出している。
今週は僚馬ロジクライと併せ馬を敢行して、坂路で50.5秒の好時計。
いい状態でレースを迎えられそうだが、後はレースでちゃんと力を発揮できるかどうかだろう。

【調教展望】中山11R フェアリーS(G3)(2016年)

【調教展望】中山11R 中山金杯(G3)(2016年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿