今週は2015年を締めくくる最後の祭典「有馬記念(G1)」。

ジャパンカップ以上にメンバーが揃いそうで、締めくくりに相応しいレースになること間違いなさそうです。

馬券も何とかして的中させたいレースですよね。

過去10年の勝馬データからしっかりと予習をしておきたいところです。

オルフェーヴル
最強! オルフェーヴル


過去10年の有馬記念(G1)の勝馬データ


※有馬記念(G1)・・・(中山)芝2500m
【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 ペース
2014年 ジェンティルドンナ 2:35.3 S(スロー)
2013年 オルフェーヴル 2:32.3 M(平均)
2012年 ゴールドシップ 2:31.9 M(平均)
2011年 オルフェーヴル 2:36.0 S(スロー)
2010年 ヴィクトワールピサ 2:32.6 S(スロー)
2009年 ドリームジャーニー 2:30.0 M(平均)
2008年 ダイワスカーレット 2:31.5 M(平均)
2007年 マツリダゴッホ 2:33.6 M(平均)
2006年 ディープインパクト 2:31.9 M(平均)
2005年 ハーツクライ 2:31.9 M(平均)

距離的にハイペースになることはなかなかなさそうな過去10年の結果。
昨年みたいな超スローペースになるのか、ロングスパートを仕掛ける馬がいるのかは入念な検討が必要だろう。


【人気】
・1番人気 5頭
・2番人気 2頭
・3番人気 0頭
・4番人気 2頭
・5番人気以降 1頭

人気は1番人気が5頭で4番人気以内の馬を入れると計9頭と上位人気の馬達が勝っている。
5番人気以降で勝ったのは2007年のマツリダゴッホ(9番人気)。
この馬は中山コースに滅法強く、例外的な存在。
基本的には上位人気の馬が勝ちやすいレースと思っていいのではないか。


【性別】
・牡馬 8頭
・牝馬 2頭

牝馬で勝ったのは2008年のダイワスカーレットと2014年のジェンティルドンナ。
それなりの実績を持っていた2頭で、牝馬を狙うならG1勝ちは欲しいところか。


【年齢】
・3歳 3頭
・4歳 4頭
・5歳 3頭
・6歳 0頭
・7歳 0頭

年齢は3~5歳の間で決まっている。
6歳以上は多少割り引いて考えるのが妥当なところか。


【ローテーション】
・休養明け 3頭
・叩き2走目 1頭
・使い詰め 6頭

ローテーションは特に関係なさそうだ。
どういう仕上げで臨むのかが大切なところだろう。


【勝馬の脚質】
・逃げ 1頭
・先行 4頭
・差し 4頭
・追込 0頭
・マクリ 1頭

脚質面で注意すべきは、追込み一辺倒の馬には要注意といったところか。


【前走の着順】
・1着 3頭
・2着 3頭
・3着 1頭
・4着 1頭
・5着以降 2頭

前走が5着以下から巻き返したのは、2007年のマツリダゴッホと2009年のドリームジャーニーの2頭。
この2頭は前走が天皇賞秋(G1)で距離延長が功を奏した要因とも思われる。
今回、距離延長が好ましいと思われる馬は前走着順に関係なくチェックしておきたいところ。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 2頭
・3枠 2頭
・4枠 0頭
・5枠 2頭
・6枠 1頭
・7枠 1頭
・8枠 1頭

距離も長いレースだけに、枠順は万遍なく勝馬が出ている。
2015年は馬場状態が大きく崩れている訳ではないだけに、2014年のような超スローペースになった場合は内枠が有利と言えるのではないだろうか。


【種牡馬データ:勝率(1着)】
・1位 ステイゴールド(20.0%)
・2位 ネオユニヴァース(12.5%)
・3位 ハーツクライ(8.3%)

【種牡馬データ:複勝率(3着以内)】
・1位 ステイゴールド(38.3%)
・2位 ネオユニヴァース(37.5%)
・3位 ハーツクライ(33.3%)

※データは有馬記念登録馬による過去3年強の中山芝2500mの種牡馬実績
※最低出走回数は10回以上の種牡馬が対象

いつも上位に顔を覗かせるディープインパクト産駒は、中山2500mにおいては勝率も複勝率も3位以下。
圧倒的な強さを誇っているのはステイゴールド産駒。
ネオユニヴァース産駒も奮闘しているので、この2頭の産駒が出走してきた際にはチェックしておきたいところ。

<ステイゴールド産駒の登録馬>
・オーシャンブルー
・ゴールドシップ


<ネオユニヴァース産駒の登録馬>
・サウンズオブアース


(まとめ)
いかがだったでしょうか。

データはしっかりと頭の中に入れて予想に役立てるようにしたいところですね。

ラストランとなるゴールドシップも久々に鞍上内田騎手に戻ってのレース。

出遅れなくレースしてくれることを願いたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【調教展望】中山10R 有馬記念(G1)(2015年)

【調教展望】中山11R ターコイズS(新設重賞)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿