12月12日(土)阪神11R、芝1800m ハンデ戦

チャレンジCの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ケイティープライド 12/9 栗坂 52.5 - 38.7 - 25.5 - 12.7 馬也
1枠 2番 タガノエトワール 12/9 CW 85.9 - 69.8 - 54.3 - 39.9 - 12.2 強め
2枠 3番 マイネルミラノ 12/9 南W 69.5 - 54.0 - 39.8 - 12.4 馬也
2枠 4番 スピリッツミノル 12/9 CW 85.5 - 69.5 - 54.3 - 40.5 - 12.7 一杯
3枠 5番 アクションスター 12/9 栗坂 53.0 - 40.0 - 27.3 - 14.6 一杯
3枠 6番 ダンツキャンサー 12/9 栗坂 55.4 - 40.4 - 26.4 - 12.8 馬也
4枠 7番 シベリアンスパーブ 12/9 南W 69.2 - 53.7 - 39.8 - 13.1 馬也
4枠 8番 バッドボーイ 12/9 栗坂 54.1 - 39.2 - 25.3 - 12.6 一杯
5枠 9番 シャトーブランシュ 12/9 CW 81.0 - 66.4 - 52.1 - 38.9 - 12.5 一杯
5枠 10番 ヒストリカル 12/9 栗坂 51.8 - 38.6 - 25.9 - 13.3 一杯
6枠 11番 フルーキー 12/9 CW 71.1 - 54.9 - 39.0 - 12.4 馬也
6枠 12番 メイショウウズシオ 12/9 栗坂 53.2 - 39.7 - 26.4 - 13.5 一杯
7枠 13番 レッドアリオン 12/9 栗坂 54.6 - 39.2 - 25.3 - 12.7 馬也
7枠 14番 ワールドエース 12/9 栗坂 53.9 - 38.8 - 25.1 - 12.5 強め
7枠 15番 ゼロス 12/9 栗坂 54.1 - 39.3 - 25.2 - 12.5 強め
8枠 16番 マコトブリジャール 12/9 栗坂 54.8 - 40.1 - 26.2 - 13.5 一杯
8枠 17番 デウスウルト 12/9 栗坂 51.6 - 37.6 - 24.7 - 12.5 馬也
8枠 18番 メイショウナルト 12/9 CW 83.2 - 67.2 - 53.2 - 39.6 - 12.8 強め
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ケイティープライド)
前走から2カ月の間隔を開けての出走。
今回はハンデが53キロと恵まれて出走ができるだけに、後は状態次第といったところか。
中間はCWコースと坂路でしっかり乗り込まれており、今週は坂路コースで52秒台の好時計。
ラスト1Fも12.7秒と馬なりで計時しており、初戦から力を発揮できる態勢は整ったとみたい。
リフレッシュ効果に期待したい1頭だ。


(6枠11番:フルーキー)
前走の富士Sから少し間隔を開けて中6週での競馬。
この馬の凄いところは、距離の長かった菊花賞以外では大きく崩れていないところ。
いつも一生懸命走る気性と思われるだけに、状態面が結果を左右すると言っても過言ではないだろう。
中間は角居厩舎らしくコースと坂路で入念な乗り込み。
2週連続で日曜日に坂路で時計を出し、水曜日にCWコースで時計を出すというスタイル。
特段速い時計でまとめている訳ではないが、ラスト1Fはしっかりと反応しており仕上がり面は上々だろう。
良い状態でレースを迎えられそうだ。


(7枠13番:レッドアリオン)
前走は休養明けでG1のマイルチャンピオンシップに挑戦。
結果は伴わなかったが、2走目の上積みに期待したいところ。
中2週と感覚は詰まっているが、今週は日曜日と水曜日に坂路で54秒の時計を出されており、前走の疲れもなさそうだ。
これだけやれている事自体、状態面が良好であると捉えたい。


(7枠14番:ワールドエース)
前走は1年半振りの1着とはならなかったが、この馬らしい走りが戻って来た感じを受けた。
前走から中1週ながら、今週は坂路コースで53秒台、ラスト1F12.5秒の好時計を出してきた。
引き続き高いレベルを維持しての出走となりそうで、疲れもないと判断したいところ。


(7枠15番:ゼロス)
となりのワールドエースと同じローテーションで中1週の競馬。
この馬も今週は坂路コースで54.1秒、ラスト1F12.5秒としっかりとした動きを披露。
叩き2走目で上積みも見込め、ハンデも前走から2キロと良い条件は揃った感じか。


(8枠17番:デウスウルト)
今年は暖かくなるにつれ成績が落ちてきていただけに、寒い時期までまった今回は要見直しか。
中間は坂路コースを中心にしっかりと乗り込まれてきた。
今週は馬なりながら全体51.6秒、ラスト1F12.5秒を馬なりで計時。
しっかりとリフレッシュした効果が見込め、いい状態でレースを迎えられそうだ。

【調教展望】阪神11R 阪神JF(G1)(2015年)

【次走動向】有力馬の次走予定(2015/12/11時点)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿