11月28日(土)京都11R、芝2000m

京都2歳Sの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 リスペクトアース 11/25 南W 84.7 - 68.1 - 52.7 - 38.6 - 13.1 強め
2枠 2番 ケルフロイデ 11/25 南W 70.5 - 53.9 - 38.6 - 12.8 仕掛
3枠 3番 アドマイヤエイカン 11/25 CW 84.2 - 68.0 - 53.2 - 38.8 - 12.3 一杯
4枠 4番 ドレッドノータス 11/25 栗坂 53.1 - 38.7 - 25.0 - 12.6 一杯
5枠 5番 ウインクルサルーテ 11/25 CW - - 52.8 - 38.1 - 12.1 馬也
5枠 6番 キャノンストーム 11/26 栗坂 55.6 - 40.5 - 25.9 - 12.4 馬也
6枠 7番 ダンツプリウス 11/25 栗坂 53.4 - 39.0 - 24.7 - 12.4 馬也
6枠 8番 ウインテンダネス 11/26 栗坂 59.4 - 42.8 - 27.3 - 13.0 一杯
7枠 9番 オンザロックス 11/25 栗坂 51.7 - 37.8 - 25.0 - 13.2 一杯
7枠 10番 ジョルジュサンク 11/25 栗坂 54.8 - 40.7 - 26.7 - 13.4 仕掛
8枠 11番 ロライマ 11/25 CW 89.3 - 72.7 - 56.1 - 40.5 - 11.7 仕掛
8枠 12番 コパノミライ 11/26 栗坂 58.4 - 41.8 - 26.4 - 12.9 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:リスペクトアース)
新馬戦を逃げ切り快勝後、中4週での競馬。
このレースに向けてしっかりと乗り込まれており、時計も上々。
時計の掛かる南Wコースでも問題なくこなし、先週は6F82秒台、今週は6F84秒台の時計。
今週はラスト1F13.1秒としっかりと反応しており、成長の階段をしっかりと登っている感じ。
いい状態でレースを迎えることができるだろう。


(3枠3番:アドマイヤエイカン)
前走の札幌2歳Sを勝利して、充電後の競馬となる。
期待の大きい馬だが、それに応えるように中間の調教では好時計を連発してきた。
3週前はCWコースで6F79秒台、先週は坂路コースで全体51秒台の好時計。
今週は終い重点の内容で、CWコースでラスト1F12秒前半の時計でまとめてきた。
初戦から力を発揮できる態勢は整ったとみたい。


(5枠6番:キャノンストーム)
新馬戦を快勝後、中1週での出走。
余程状態が良いと思われ、今週も坂路コースで全体55秒台、ラスト1F12.4秒を馬なりで計時。
今度は良馬場でどれくらいの力を持っているのか、未知なる部分が気になるところ。


(6枠7番:ダンツプリウス)
キャリアはこのレースで6戦目と他の馬達に比べれば多いが、レースを使われる度に強くなっている感じ。
全レース勝馬から0.3秒以内とレースでは力をするタイプと思われれ、調教の内容も直結していると思って良いだろう。
前走後もしっかりと乗り込まれており、今週は坂路コースで全体53秒台、ラスト1F12.4秒を馬なりで計時。
状態は引き続き良さそうで、一発の魅力は十分あると思いたい。

【調教展望】東京11R ジャパンカップ(G1)(2015年)

【調教展望】東京11R 東京スポーツ杯2歳S(G3)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿