今週は京都競馬場で秋のマイル王を決定する「マイルCS(G1)」が行われます。

春のマイル王モーリスが秋も制するのか、それとも・・・。

過去10年の勝馬データから、2015年の勝馬を占いたいと思います。

エイシンフォワード
(マイルCSを見守るエイシンフォワード)

過去10年のマイルCS(G1)の勝馬データ


※マイルCS(G1)・・・(京都)芝1600m
【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 ペース
2014年 ダノンシャーク 1:31.5 M(平均)
2013年 トーセンラー 1:32.4 M(平均)
2012年 サダムパテック 1:32.9 M(平均)
2011年 エイシンアポロン 1:33.9 M(平均)
2010年 エーシンフォワード 1:31.8 M(平均)
2009年 カンパニー 1:33.2 M(平均)
2008年 ブルーメンブラット 1:32.6 M(平均)
2007年 ダイワメジャー 1:32.7 M(平均)
2006年 ダイワメジャー 1:32.7 M(平均)
2005年 ハットトリック 1:32.1 M(平均)

全体的に時計が速くなる傾向にあり、前半飛ばしても後半の時計も速いためペースは平均ペースになりやすい。
時計勝負に対応可能な実力を持っていることが前提となるのではないか。


【人気】
・1番人気 3頭
・2番人気 1頭
・3番人気 1頭
・4番人気 2頭
・5番人気以降 3頭

1番人気は3頭(ダイワメジャー2回、カンパニー)と断然の実力馬であれば信頼して良いだろう。
5番人気以降の馬でも3頭勝っており、混戦の時はあまり人気がない馬でも台頭している。


【性別】
・牡馬 9頭
・牝馬 1頭

牝馬はそれなりに毎年出走しているが、勝利したのは2008年のブルーメンブラッドのみ。
牝馬が勝つにはかなりの実力を持っているのが前提だろう。


【年齢】
・3歳 0頭
・4歳 3頭
・5歳 4頭
・6歳 3頭
・7歳 0頭
・8歳 1頭

3歳馬がここ10年勝っていない。
古馬最高峰との対戦だけに、3歳世代では最後方の実力を持っている馬でないと難しいということだろう。
6歳以上でも勝っており、年齢は特に気にする必要はないだろう。


【ローテーション】
・休養明け 0頭
・叩き2走目 5頭
・使い詰め 5頭

休養明けで勝利した馬はここ10年ではいない。
使い詰めの馬もすべて叩き3走目の馬で、叩き2走目か3走目の馬を狙いたい。


【勝馬の脚質】
・逃げ 0頭
・先行 3頭
・差し 6頭
・追込 1頭
・マクリ 0頭

逃げ馬は0頭と、直線の長い京都のマイルを逃げ切るのはかなりの実力が必要そう。
ペースが速くなりやすいだけに、やはり差しが有利なのだろう。


【前走の着順】
・1着 4頭
・2着 0頭
・3着 1頭
・4着以降 5頭

半数が4着以降から変わり身を見せているだけに、前走の着順よりも状態面を重視した方が良いということだろう。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 1頭
・3枠 3頭
・4枠 2頭
・5枠 1頭
・6枠 1頭
・7枠 1頭
・8枠 0頭

万遍なくどの枠からも勝馬が出ており、特に枠順による有利不利はないと考えて良いだろう。


【種牡馬データ:勝率(1着)】
・1位 ディープインパクト(13.6%)
・2位 アグネスタキオン(12.5%)
・3位 ダイワメジャー(10.0%)

【種牡馬データ:複勝率(3着以内)】
・1位 ディープインパクト(38.1%)
・2位 アグネスタキオン(35.7%)
・3位 ダイワメジャー(25.0%)

※データはマイルCS登録馬による過去3年強の京都芝1600mの種牡馬実績
※最低出走回数は10回以上の種牡馬が対象

勝率も複勝率も順位が一緒になった。
この3頭の産駒が出走してきた場合は、必ずチェックをしておきたい。

<ディープインパクト産駒の登録馬>
・サトノアラジン
・ダノンシャーク
・トーセンスターダム
・フィエロ
・リアルインパクト
・ヴァンセンヌ

<アグネスタキオン産駒の登録馬>
・レッドアリオン

<ダイワメジャー産駒の登録馬>
・カレンブラックヒル
・サンライズメジャー
・ダイワマッジョーレ

先週のエリザベス女王杯ではディープインパクト産駒のマリアライトが初重賞制覇がG1という快挙を成し遂げた。
京都コースにおいて、ディープインパクト産駒はやはり未知なる魅力を秘めている。
人気がなくても一変する可能性は頭の片隅に入れておきたいところ。


(まとめ)
いかがだったでしょうか。

3歳馬と休養明けでの参戦の馬には注意を払いたいところです。

春のマイル王モーリスにとっては少し嫌なデータですが、果たして結果はどうなるのか。

今年はレベルの高そうなメンバーが揃った感じがするので、楽しみな1戦となりそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【調教展望】京都11R マイルCS(G1)(2015年)

【調教展望】京都11R エリザベス女王杯(G1)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿