11月15日(日)京都11R、芝2200m

エリザベス女王杯の調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 パワースポット 11/11 美坂 55.6 - 40.8 - 27.2 - 13.7 馬也
1枠 2番 クイーンズリング 11/11 栗坂 55.4 - 40.5 - 26.2 - 13.1 馬也
2枠 3番 フーラブライド 11/11 CW 80.2 - 64.1 - 51.0 - 38.2 - 12.6 一杯
2枠 4番 リラヴァティ 11/11 栗坂 53.2 - 39.1 - 25.7 - 13.0 強め
3枠 5番 タガノエトワール 11/11 CW 81.6 - 66.7 - 52.6 - 39.4 - 11.7 一杯
3枠 6番 リメインサイレント 11/12 栗坂 51.6 - 37.8 - 24.9 - 12.7 一杯
4枠 7番 シャトーブランシュ 11/11 CW 82.7 - 67.2 - 52.1 - 38.6 - 12.3 馬也
4枠 8番 タッチングスピーチ 11/11 栗坂 52.2 - 38.4 - 25.3 - 12.7 一杯
5枠 9番 フェリーチェレガロ 11/11 CW 81.5 - 66.8 - 52.7 - 39.2 - 12.6 馬也
5枠 10番 ラキシス 11/11 CW 67.3 - 51.8 - 37.8 - 12.4 馬也
6枠 11番 ウインリバティ 11/11 栗坂 54.9 - 39.8 - 25.4 - 12.7 強め
6枠 12番 マリアライト 11/11 南W 70.4 - 54.0 - 40.1 - 13.1 馬也
7枠 13番 メイショウマンボ 11/11 CW 83.6 - 66.2 - 50.7 - 37.3 - 12.3 一杯
7枠 14番 ノボリディアーナ 11/11 栗坂 54.5 - 39.2 - 25.4 - 12.9 馬也
7枠 15番 ルージュバック 11/11 南W - - 52.7 - 37.2 - 12.0 強め
8枠 16番 スマートレイアー 11/11 栗坂 53.8 - 38.7 - 24.7 - 12.4 馬也
8枠 17番 シュンドルボン 11/11 南W - - 53.4 - 38.8 - 12.5 馬也
8枠 18番 ヌーヴォレコルト 11/11 南W 69.6 - 54.0 - 38.8 - 12.2 仕掛
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(3枠5番:タガノエトワール)
中3週での出走になるが、前走快勝後も元気いっぱい。
松田厩舎らしく、CWコースで入念な調整。
今週は6F81秒台、ラスト11秒台と一杯の追い切り。
併走馬に先着を果たし、状態面は更なる上昇している感じ。
後は相手関係と距離が課題になるが、状態の良さでどこまでカバーできるか。


(4枠7番:シャトーブランシュ)
休養明けの前走はもう少しやれても良いような内容のレース。
今回は叩き2走目ということで、調整内容を見る限り上積みが大きそうだ。
レース後も順調で、今週はCWコースで6F82秒台、ラスト1F12秒前半と軽快な動き。
状態アップでレースに挑めそうだが、相手関係も一気に強くなるだけにその点がどうか。


(5枠10番:ラキシス)
前走の京都大賞典から中4週での競馬になるが、レース後も順調そのもの。
角居厩舎らしく、時計になるところを入念に乗り込まれてきた。
今週はCWコースで終い重点の内容で、ラスト1Fは12秒台前半と上々の反応を見せた。
昨年の覇者であり、この時期がこの馬の力を発揮しやすい時季なのかも知れない。


(8枠16番:スマートレイアー)
前走は休養明けでしっかり2着を確保したあたり仕上がり面は上々だった。
2走目の上積みはそんなにないだろうが、レース後もますます快調な動きを見せている。
先週は坂路コースで全体49秒台の破格を時計を出し、今週は終い重点でラスト1F12.4秒と鋭い動き。
距離延長はプラス材料ではないだろうが、状態面の良さでどこまでカバーできるかだろう。

【データ】過去10年の勝馬データから、マイルCS(G1)を占う(2015年)

【調教展望】京都11R デイリー杯2歳S(G2)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿