11月7日(土)京都11R、芝1400m

KBS京都賞ファンタジーSの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 キリシマオジョウ 11/4 栗坂 55.5 - 41.4 - 27.3 - 13.7 馬也
2枠 2番 ピュアコンチェルト 11/4 栗坂 53.0 - 39.0 - 25.0 - 12.6 強め
3枠 3番 メジェルダ 11/4 栗坂 55.1 - 40.5 - 26.4 - 12.8 馬也
4枠 4番 アドマイヤリード 11/4 CW 85.3 - 68.7 - 53.3 - 39.0 - 12.0 仕掛
5枠 5番 タイセイマライカ 連闘の為中間軽め
5枠 6番 ブランボヌール 11/4 栗坂 54.2 - 39.6 - 26.5 - 13.9 一杯
6枠 7番 ワントゥワン 11/4 DP 64.2 - 50.0 - 36.7 - 11.1 一杯
6枠 8番 セレッソプリマベラ 11/4 栗坂 55.1 - 40.2 - 26.2 - 13.2 強め
7枠 9番 メイショウスイヅキ 11/4 CW 82.7 - 66.5 - 51.5 - 37.1 - 11.7 強め
7枠 10番 タガノヴィアーレ 11/4 CW 83.0 - 68.1 - 54.1 - 40.2 - 12.6 強め
8枠 11番 キャンディバローズ 11/4 栗坂 53.9 - 39.9 - 26.0 - 13.3 仕掛
8枠 12番 コパノディール 11/4 栗坂 55.9 - 40.9 - 27.0 - 13.8 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:ピュアコンチェルト)
新馬戦を勝って、中6週と少し間隔を開けての出走。
レース後の疲れもしっかりとって、ここを照準に調整されてきた感じだ。
3週連続坂路で時計を出しており、今週は全体53.0秒、ラスト1F12.6秒と上々の動き。
現時点これだけやれている事自体を状態の良さに結び付けたいところ。
動きの良さから期待してみたい1頭だ。


(7枠9番:メイショウスイヅキ)
前走のもみじSを快勝して中3週の強行軍だが、馬の方は絶好調を物語る。
今週はCWコースで6F82秒台、ラスト1Fを11.7秒と併走馬をぶっちぎる。
完成度という点で他馬よりも早いのだろうが、現時点でのパフォーマンスは目を引くものがある。
状態面の良さと調教の動きからは、間違いなく上位争い必至と思いたい。

【調教展望】京都11R みやこS(G3)(2015年)

【調教展望】東京11R 京王杯2歳S(G2)(2015年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿