11月11日(日)福島11R、芝2000m ハンデ戦

福島記念の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 エアアンセム 11/7 栗坂 54.7 - 39.6 - 25.4 - 12.7 馬也
1枠 2番 スティッフェリオ 11/7 栗坂 52.8 - 38.5 - 25.2 - 12.8 一杯
2枠 3番 キンショーユキヒメ 11/7 CW 84.9 - 68.8 - 53.3 - 38.9 - 12.2 馬也
2枠 4番 ツクバアズマオー 11/7 美P 67.2 - 51.6 - 37.1 - 12.0 仕掛
3枠 5番 レトロロック 11/7 CW - - 49.8 - 36.4 - 12.0 強め
3枠 6番 マイスタイル 11/7 栗坂 54.2 - 40.0 - 26.7 - 13.8 強め
4枠 7番 ナイトオブナイツ 11/7 CW 82.0 - 65.2 - 50.5 - 37.3 - 11.8 馬也
4枠 8番 マイネルミラノ 11/7 美坂 52.8 - 38.8 - 25.4 - 13.0 馬也
5枠 9番 トーセンビクトリー 11/7 栗坂 55.7 - 39.7 - 25.0 - 12.7 強め
5枠 10番 ルミナスウォリアー 11/7 南W 85.1 - 69.7 - 53.7 - 39.7 - 13.2 強め
6枠 11番 マイネルハニー 11/7 南W 71.9 - 56.0 - 41.4 - 13.0 馬也
6枠 12番 マルターズアポジー 11/7 南W 68.4 - 52.7 - 38.9 - 14.0 馬也
7枠 13番 トミケンスラーヴァ 11/7 南W 70.4 - 54.6 - 40.0 - 13.1 強め
7枠 14番 メドウラーク 11/7 CW 81.3 - 65.4 - 50.5 - 37.1 - 12.2 一杯
8枠 15番 マイネルフロスト 11/7 南W 70.7 - 55.6 - 41.2 - 13.5 馬也
8枠 16番 マサハヤドリーム 11/7 栗坂 53.4 - 38.9 - 25.3 - 12.9 一杯

【◎ピックアップ!】

(3枠5番:レトロロック)
前走のオープン特別勝利から約2ヵ月の休養を挟んでの出走。
中間の調整内容は、時計も動きも乗り込み量も文句なし。
坂路とコースを併用して乗り込まれてきたが、どちらも上々の動き。
馬が走りたがっているのか、レースが近いことを知っているのか、非常に状態面は良さそうだ。
ここは期待したい1戦だろう。


(4枠7番:ナイトオブナイツ)
前走のオープン特別から中1週のローテーション。
休養明け2戦目の今回、疲れよりも上積みを見込みたい内容だ。
今週の調教がCWコースで6F82秒台、ラスト1F11.8秒と上々の動き。
良い状態でレースを迎えられそうだ。
グレードレースにおいて実績はないが、状態面の良さを活かして勝利をもぎ取りたい1頭だろう。


11月11日(日)京都11R、芝2200m

エリザベス女王杯の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ハッピーユニバンス 11/7 栗坂 52.6 - 38.7 - 24.8 - 12.3 馬也
1枠 2番 フロンテアクイーン 11/7 美坂 50.5 - 37.5 - 25.2 - 13.1 強め
2枠 3番 レイホーロマンス 11/7 栗坂 53.8 - 39.1 - 25.3 - 12.6 馬也
2枠 4番 プリメラアスール 11/7 CW 83.3 - 67.1 - 52.8 - 38.9 - 12.1 強め
3枠 5番 レッドジェノヴァ 11/7 CW 81.9 - 66.4 - 51.4 - 37.4 - 11.9 強め
3枠 6番 アドマイヤリード 11/7 CW 80.7 - 64.7 - 50.4 - 37.5 - 12.4 強め
4枠 7番 モズカッチャン 11/7 栗坂 54.4 - 39.9 - 25.8 - 12.5 仕掛
4枠 8番 カンタービレ 11/7 栗坂 54.1 - 38.6 - 24.4 - 12.4 馬也
5枠 9番 クロコスミア 11/7 栗坂 54.2 - 39.4 - 26.4 - 13.7 馬也
5枠 10番 ヴァフラーム 11/7 CW 81.1 - 64.7 - 51.0 - 37.3 - 12.2 馬也
6枠 11番 スマートレイアー 11/7 栗坂 51.9 - 38.0 - 24.7 - 12.2 強め
6枠 12番 リスグラシュー 11/7 栗坂 52.0 - 37.8 - 25.0 - 12.9 馬也
7枠 13番 ノームコア 11/7 南W - - 53.2 - 39.3 - 12.5 馬也
7枠 14番 ワンブレスアウェイ 11/7 南W 67.8 - 52.6 - 38.5 - 12.7 馬也
8枠 15番 テルナミノル 11/7 CW 85.2 - 68.7 - 53.5 - 40.0 - 12.6 馬也
8枠 16番 コルコバード 11/7 南W - - 53.0 - 38.8 - 12.5 一杯
8枠 17番 ミスパンテール 11/7 CW 83.9 - 67.8 - 53.0 - 39.2 - 11.9 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:フロンテアクイーン)
前走の府中牝馬Sから中3週のローテーション。
レース後も順調で、調教はみっちりとやられている。
先週、今週と坂路で50秒台の好時計。
今週は併せ馬で遅れているが、これだけやれていること自体、状態面の良さを物語っている。
近走は7走連続で3着以内を保持しており、レースでは常に力を出し切るタイプ。
今回は相手が強いが、態勢は整っている。


(2枠3番:レイホーロマンス)
前走の小倉記念から約3ヵ月の休養を挟んでの出走。
このレースに向けて、しっかりと乗り込まれてきた。
特に先週はCWコースで6F76秒台の好時計を出しており、併せた馬にもきっちりと先着。
今週は坂路で馬なりながら53秒台、ラスト1Fを12秒台でまとめてきた。
重賞競走では足踏み状態が続いているが、今までは休養を挟まずに使われてきていた馬。
今回のこの休養明けで、リフレッシュした状態が見れそうで注目したい1頭だ。


(3枠5番:レッドジェノヴァ)
前走の京都大賞典から中4週のローテーション。
前走後はしっかりと疲れをとって乗り込みを再開。
徐々にピッチを上げていって、先週、今週とCWコースで上々の内容。
ラスト1Fの伸びが良く、少し仕掛ければスっと反応するあたりはレースでも垣間見れる。
この夏の始動から5戦目になるが、馬がメキメキと力をつけている。
今回も良い状態を保ってレースを迎えられそうだ。


(4枠8番:カンタービレ)
前走の秋華賞から中3週のローテーション。
まだキャリア7戦の馬だけに、前走後は疲れが心配されるところ。
しかし、調教時計を見る限り心配皆無と捉えたい。
前走後は坂路中心に乗り込まれており、非常に入念に調整されている。
やり過ぎず、負荷を掛け過ぎず、この馬のペースでしっかりとやられている点が非常に良い印象を受ける。
休養明け3戦目になり、初戦から仕上がっていた感があるが、今回も引き続き良い状態を保っての出走が適いそうだ。
前走で脚質転換を成功させているだけに、この馬の能力の非凡さがここでも見られるか。


(6枠11番:スマートレイアー)
前走の京都大賞典から中4週のローテーション。
もう8歳になるが、調教内容からはまだまだ衰えを感じさせない。
中間は坂路とコースを併用して時計を出しており、しっかりと仕上げられている。
時計はやれば出る馬だが、今週の坂路での追い切りは圧巻。
馬場が重く、時計を要す馬が多かったがこの馬は関係なく51秒台、ラスト1F12.2秒と文句なし。
休養明け2戦目だけに、上積みは期待していい内容だ。