毎日王冠に最終登録の段階で精鋭が15頭と、かなり面白いメンバーが揃ったように思う。

面白いという表現は、力の拮抗したメンバーが集結したという意味で、どの馬が勝っても驚きはないという意味で言っている。

ただ、15頭の登録メンバーを見ていると、

「逃げ馬がいなくない?」

っていうのが正直な感想。

その点をどうやって展開予想していこうか、今から少し頭の痛い部分でもある。


--[毎日王冠登録メンバー]--
・ウインマーレライ
・エアソミュール
・グランデッツァ
・サンレイレーザー
・スピルバーグ
・ダークシャドウ
・ダイワファルコン
・ダイワマッジョーレ
・ダノンヨーヨー
・ディサイファ
・ペルーサ
・ミッキードリーム
・ロゴタイプ
・ロサギガンティア
・ワールドエース

----------------


ウインマーレライ、グランデッツァあたりが押し出されて行きそうな感じはするけど、

枠順が正式に発表されてから、しっかりと展開予想に勤しもうと思う。


ということもあり、ペースは結構遅めになるのではないかなって気がする。

だから、過去のレースを振り返ってどんな感じになるのかをプレイバックしておきたいと思う。


プレイバックしたいレースは、2008年の毎日王冠。

(2008年:毎日王冠結果)
1着 1枠2番:スーパーホーネット
2着 2枠3番:ウオッカ
3着 3枠5番:アドマイヤフジ

(レース映像)


(ラップタイム)
12.7 - 11.5 - 11.6 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 10.5 - 11.3 - 12.0 (前35.8-後33.8)


レースはウオッカがテンのスピードの違いでハナに押し出される形になって進んでいく。

開幕週ということを考えれば、前半3F35.8秒というのは結構スローな部類だろう。

そして、ウオッカの手応えは抜群のままで直線へと向いていく。

レースの上がりは33.8秒とかなり速い。

開幕週の馬場でスローペースとなれば、やはりラスト3Fは33秒台の決着となるだろう。

だから、差し脚を活かしたい馬には位置取り次第で競馬にならない可能性が高い。

そのことは頭の中に入れておいて、予想の段階でしっかりと活かしていこうと思う。


レースは、ゴール前でウオッカは切れ味鋭いスーパーホーネットに差されてしまう。

スーパーホーネットは、スローの上がり勝負のレースは得意な馬で、完全に得意なパターンにハマった感じ。

馬の実績や実力だけの側面から見れば、ウオッカが出走メンバーの中では断然だったが、結果は2着と負けている。

スローペースの上がり勝負が、ウオッカの得意なパターンではなかったからだ。


だから、どんな実力馬でも展開が向かなければ、厳しい一面があるということは肝に銘じておかないといけない。

馬には脚質というものがあるし、2014年のレース展開がスローな展開になれば、

グランデッツァやロゴタイプあたりは、少し切れ味的に分が悪いなぁ~、なんて想定がつく。。


とまぁ、事前の予想も兼ねて、毎日王冠は是非とも射止めたいレース。

第2のスーパーホーネットになる馬をじっくりと探し出そう。


2014年のエルムステークス(G3)は、登録メンバーを見渡すとかなり揃ったように思う。

ジェベルムーサやソロル、ブライトライン、そして一昨年の覇者ローマンレジェンド、

更に、昨年の覇者フリートストリートと、申し分ないメンバー構成だろう。

恐らく登録馬は多いためにフルゲートでの出走になるだろう。


開幕週だけにどんな傾向になるのかは、過去のレースからある程度予想をするしかない。

そして、過去のエルムステークスを見てみると、

ある傾向が見られる・・・。


それは、

『出走メンバーのレベルに応じて走破時計の速さが違う』

ということである。


※但し、昨年の2013年は函館で施行、2009年は新潟で施行されており、参考外とする


走破時計を横並びに見てみると一目瞭然なはず。

(過去のエルムステークスの走破時計)
2012年 1分42秒2(良) 「G1級メンバー」
2011年 1分44秒2(良) 「G3級メンバー」
2010年 1分43秒5(良) 「G3級メンバー」
2008年 1分42秒9(良) 「G2級メンバー」

と、2008年までを見てみると、最速で2012年、最遅で2011年。

この時計差は何と2秒もある。

しかも同じ良馬場開催なのに。


2012年は、ローマンレジェンドやエスポワールシチーなどのG1級の出走メンバーが名を連ねていた。

しかし、2011年はランフォルセやオーロマイスターなどのG3級のメンバーだった。

このレベルの違いが走破時計の違いになっていると思っていいだろう。


よって、今年は限りなくG1級に近いレベルだと想定できるだろうから、

参考にするのであれば、2012年の内容を参考にするのが良いように思う。


----------------------
■ 2012年 エルムステークスを振り返る
----------------------


(レース映像)


(レース結果)
1着 5枠5番:ローマンレジェンド(1番人気)
2着 8枠11番:エスポワールシチー(2番人気)
3着 7枠8番:グランドシチー(6番人気)


⇒ 結果の詳細はここをクリック
(netkeiba.comのサイトが開きます)

(ラップタイム)
6.6 - 11.0 - 12.1 - 12.2 - 12.0 - 12.0 - 12.3 - 11.6 - 12.4



レースは、逃げたエーシンモアオバーが淀みのないペースを作り出す。

2着のエスポワールシチーは道中3番手。

1着のローマンレジェンドはエスポワールシチーをマークする形。

上記のラップタイムを見ても、全てのラップで12秒前半よりも速い。

持久力を問われるレースでもあったことが読み取れる。


レース内容に戻るが、淀みないペースで3コーナーを過ぎ、

そこから、ローマンレジェンドが動き始める。

加速し出すと他の馬が止まって見えるのも、実力が1つ抜けている証拠。

4コーナーを回る時にはもうエスポワールシチーと一騎打ちの形になっていた。

そして、直線は2頭のデートヒートが繰り広げられ、

最後はローマンレジェンドがしぶとく喰らいつくエスポワールシチーをクビ差退けての勝利。

2頭から4馬身の差の3着にグランドシチーという結果になった。

走破時計の1分42秒2は、非常に優秀な時計だ。


------------
■ 2014年の想定
------------


ローカル競馬場の場合、直線が短く坂もないから、

直線勝負という形になることはほとんどない。

中央の競馬場でレースをしていた馬もローカルコースだと、いつもと違ったレースをすることがほとんど。

力のある馬がロングスパートをするから、力量差というのはおのずとはっきりしてくるだろう。

ただ、今回は有力どころが何頭かいるから、その力関係がどうか。


逃げ馬のエーシンモアオバーは今年も健在だ。

先導役に導かれ、どんなレースになるのか、

どの馬が仕掛け役になるのか、

非常に楽しみなレースである。


そして、走破時計も良馬場で1分42秒台での決着になるのではないかと予想する。

何度も2012年のレースを見返し、2014年へのイメージを膨らませるのが

勝利への近道になるのでないかと思っている。


是非とも良馬場でできるように天気は晴れて欲しい。

非常に楽しみな1戦だ。